読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ショーペンハウアーを読んで

人生にあるのは「苦痛」か「退屈」
人によって大小はことなれど、その振幅を繰り返すだけ。

                  (意訳)


目標や意識をもって頑張るほど
それが得られても得られなくても欠乏感を増していく
「足ることを知りえない」現代(1800年代)人を痛烈に批判?している。



逆説的には「苦しみ」や「退屈」があるからこそ
喜びや楽しみを見いだせるともいえよう。




であれば、「苦しみ」や「退屈」があるこの社会は逆説的に天国か?




論理的思考の放棄
Don't think feel.
Don't mind.ドンマイドンマイ。
手放したとき手に入る
「今」を生きる
あなたが思うことは全て正しい。




世の中の「苦しみ」や「退屈」を楽しめてこそ
人生の達人なのかもしれませんね。



あまり特定のものにこだわらないのがコツなんでしょう。




恋だリビドーだと、他にも面白いこと書いてました/(.^.)\

心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉
心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉金森誠也 金森 誠也

おすすめ平均
stars人生の知恵に満ち満ちた、実践的な著作。
stars人生を教えてくれた本

詳しく見る