読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「天才は1%のひらめきと99%の汗」のウソ

トーマス・エジソン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3


エジソンは自身を自然界のメッセージを受け取る受信機に例えるほどひらめきを重視していた。「天才は1%のひらめきと99%の汗」(Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.)という有名な発言がある。これは「インスピレイション」(ひらめき、霊感)と「パースピレイション」(発汗作用)が脚韻で、「パーセント」(百分率)と「パースピレイション」(発汗作用)が頭韻になった洒落であるが、努力の重要性を物語る発言として人口に膾炙している。


しかし、本人が後年語ったところによると、「取材した若い記者は私の言葉を聞いて落胆したのか、大衆受けを狙ったのか、努力の美徳を強調するニュアンスに勝手に書き換えて発表してしまった」ものであった。


実際は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」との発言だった。言い換えれば、「1%のひらめきさえあれば、99%の努力も苦にはならない」ということである。


初期に勘違いされてた方程式はこう

ひらめき1 + 努力99 = 天才100


本音はこう

ひらめき1 + (努力99 x 0) = 天才1(100%)

しかし世界の表層は複雑なのでこうも展開される

(ひらめき1+無駄な努力99) - 自我99 = シンプル1(100%)


でもその通りジョンレノンの言うようなほんとに世界がひとつになったら
気持ち悪いので、それをわかっていながら少しはエゴをだして
ちょっとは無駄な努力をして、社会における自我と個を確立しておかねばならない。


人は天才にならない努力をしないといけない。