庶民の寄付と、金持ちの寄付。日本ユニセフと黒柳徹子のどちらに寄付するか?

アグネス・チャンさんへの公開質問状 : ひろゆき@オープンSNS
http://hiro.asks.jp/90907.html

「今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です。」
と仰られていますが、アグネスさんが募金先にあげている日本ユニセフ協会は、
2012年度、募金の81%しか、ユニセフ本部に送っていません。

一方、ユニセフ親善大使をされている黒柳徹子さんは、募金の100%をユニセフ本部に送っているそうです。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html
子供のためを思えば、100%をユニセフ本部に送っているユニセフ親善大使の黒柳徹子さんを薦めるべきではないでしょうか?

ひろゆき日本ユニセフ&アグネス叩きについてそろそろ一言いっとくか
http://anond.hatelabo.jp/20131114111136

2012年度、当協会は、みなさまからお預かりした
開発途上国の子どもたちを支援するためのユニセフ募金(161億1,252万円)の
81%にあたる130億円を、ユニセフ本部に拠出することができました。
これは、世界36の先進国・地域において
ユニセフを代表するユニセフ協会(国内委員会)の中で、
最高額となっています。
また、81%という拠出率も極めて高いレベルを維持しています。

日本ユニセフ協会の国内活動費に使われるのは癪だから黒柳徹子氏に寄付するほうがいいのだ、
という考え方もあるかもしれないし、それが一律に間違ってるとは思わない。
しかし、黒柳徹子氏のWebを見る感じでは、年間の寄付額はおそらく1億には満たないだろう。
そして個人口座では、130億円/年の寄付金の出納をマネージすることは不可能だ。
また、善意で無償奉仕を行う個人ボランティアを引き合いに出して
日本ユニセフでの19%の資金利用が「ピンハネ」「中抜き」だと叩くのは、
ボランティア活動やNPO活動全体にとって、非常に悪い結果を招く。


ネットの反応見ると結構意見が別れてます。
あなたはどちらの意見に賛成ですか?










ちなみに僕は増田の論に賛成です。
多少経費に使われても、
競争原理が働かない事業で多少の無駄やコスト意識が欠けてても
総額が増えるならずっとそっちのほうがいいと思います。

トットチャンネル/お願いチャンネル
http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html

募金総額の報告(2013年10月21日現在)
 4,983,000,543円(件数376,171)

みずほ銀行、ゆうちょ銀行あわせてこれまでの活動総額が50億なので、
やはり宣伝有りきの日本ユニセフ協会
たった1年で130億寄付するのとは桁が違います。

といっても、ひろゆきを叩くのも違うと思うので
そこはフォローしてみます。

お金の規模で必要経費は変わる

19%

庶民の僕が1000円寄付したうちの、
190円が広告や経費に使われるなら仕方ないと思う。

この額では感覚的に広告や経費の足しになるかどうかも怪しい。

対して震災の時1000万円寄付したひろゆきからすると、
810万円を寄付するのに、190万円の経費が必要と言われてるわけで
これは感覚的におかしい。
10万人から1000円集めるより10万分の1しか経費がかからないのだから。


通常の企業のような、商品開発もなく
売れないと債務になる在庫もなく、
ライバル会社との価格競争もない日本ユニセフ
規模がでかくなるほど必要経費が圧縮できて、
最高額を納めるなら、拠出率も最高へ近づくのは当然。
額によっては経費の割合が一桁を切ってもおかしくないかもしれないが、
寄付金を集めれる限りここでその比率は問題にしない。

理想はユニセフが必要ない世界の創造だが、、、

消防士が消防士のいらない世界を目指し、
警察官が警察官のいらない世界を目指し、
ユニセフユニセフの要らない世界を実現できたらそれが一番いい。

日本ユニセフ日本ユニセフの要らない世界を作るには、
多くの人が黒柳徹子の100%送金する口座を持ってることを知ることが第一歩だ。
黒柳徹子がある程度時間や手間など負担してくれるならのっかる方がいい。
彼女もいつか亡くなるときはあるが、
そのときはまた誰かユニセフから大使を派遣されるかもしれない。
その選択肢がなくなったときや、あるいは知らない人だけ
日本ユニセフを通す方がより高い効果が望めるだろう。

でもそれは理想論。
実際にお金を集めるには、
「恵まれない子どもに共感する」
「寄付をしたという実感を得る」
という悲劇の周知のためのお金と、
手を差し伸べた記録(スタンプ)が必要だ。

もちろん、日本ユニセフで知って黒柳徹子に募金をするのは有りなのだが、、

黒柳徹子より、日本ユニセフ協会を通すメリット

ユニセフ募金の税制上の優遇措置について(寄付金控除)|日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_tax.html

寄付金の40%を控除できる。
細かいルールはリンク参照。

税金の詳しいことはわからないので、
黒柳徹子に送金した預金記録でも、
もしかしたら控除は可能かもしれない。
ただ、領収書はもらえないだろう。

黒柳徹子さんの口座に募金することについて | ボランティアのQ&A【OKWave
http://okwave.jp/qa/q5980617.html


以前、ご本人が仰っていましたが、受け取ったお礼状を出すことで、切手代がかかる。
できれば、その分も寄付金にしたいので、理解して欲しいとのことでした。

この質問では学校の活動ということで、
日本ユニセフ協会からのお礼状や活動報告的な意味でも、
トットちゃんより、日本ユニセフ協会を使うほうが
「みんなで募金した」記憶を残しやすいだろう。
偽善という人もいるかもしれないが、
これはわりと大事なことだと思う。

19%の経費はより多くの人に認知されて更に総額が増えるための種まき

果実全部を与えるよりも、
少しはタネを蒔く方に使うことで
次の世代でより多くの実を分け与えることができる。

だから黒柳徹子ではなく冒頭の意見に賛成したのだ。
しかしそれでは矛盾が起きる。
これをみて欲しい。

ユニセフの財政 | ユニセフについて | 日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_fin.html

日本ユニセフ協会 1億5,098万$
日本政府 1億9,741万$

ユニセフに一番送金してるのは、日本ユニセフではない。
日本政府だ。
ユニセフへの総額を増やしたければ税金を収め国力を上げたらいい。


年金や保険はもちろん、三田佳子のように節税対策をしないとか、
経費申告しないとかでもかなり納税額は上がる。
そこまでしなくても、
「自分がたくさん稼ぐ」ことがたくさん納税して
ユニセフを助けることになる。
高額納税者は税率50%以上までもっていくこの国だからこそ、
自分が稼ぐことが他人を助けることになる。


日本政府が支援してるのはユニセフだけじゃなく、国内の震災もそうだし、
海外NPO,NGOや、各国が困ったときの各種支援や、自衛隊の活動などもそうだ。

もちろん、

国だと汚職や天下りで訳の分からない無駄な使われ方をする。それよりは、日本ユニセフ協会に募金したほうがより効率的だ。

という意見もあるだろう。
その理論で言えば、全く無駄のない黒柳徹子の口座のほうが効率的になるわけだ。

でも、
全く無駄のない黒柳徹子ではスケールしない。
少し無駄がある日本ユニセフでのスケールはユニセフに限られる。
かなり無駄のある日本に納税することそのものが、
国内でお金を回して実をつけたあとに最大限の募金スケールになる。

節税して募金するより、納税を募金と思えば

税金が100%効率的に使われることはない。
それでも黒柳徹子みたいに100%きちんと使ってくれないと
腹がたって仕方ない。

でも、20%ぐらい効率的に使われたら将来への種になる。
日本を維持するのは、日本ユニセフの比ではない。
最初から税金1000円のうち800円を無駄な経費と考えて、
200円がきちんと投資スケールされると思えば
そんなに腹も立たないのではないだろうか。

正しさはスケールしない。不完全だからこそスケールできる。

黒柳徹子日本ユニセフもそうだし、
劉備側が泣いて馬謖を斬れば、
曹操は部下の転向をさぐる書類を全部焼いて許しました。
ゲームとしてとても面白くてデザインがださいゲームメーカーは潰れて、
ゲームはそこそこ不完全だけど、
スポーツやキャラクター版権とグラフィックを抑えてたメーカーは
スケールして、そのうちちゃんとしたゲーム性を手に入れることになりました。

僕は、黒柳徹子劉備も面白いゲームメーカーも好きでした。
経費のでかい日本ユニセフや、徳の低い(そうな)曹操や、
版権とグラフィックだけのゲームメーカーを毛嫌いしてました。
しかし最終的に結果を出してるのは後者のほうです。
結果より、正しさ、自分の生き方を優先したのですが、、、
こんなはずではとおもったことないでしょうか?


最初に、日本ユニセフのやり方に賛成した人に聞いてみたかったのです。
より大きなスケールでより無駄のある「税金」は喜んで払えるでしょうか?


募金先

僕の話は極論すぎると思います。
どれ選んでも、世界をよりよくしたいという気持ちは共通かもしれません。


黒柳徹子さんの口座はこちら

トットチャンネル/お願いチャンネル
http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html


日本ユニセフはこちら

ユニセフ募金−あなたの募金・ご寄付が子どもたちの命と健康を守ります
https://www2.unicef.or.jp/bof/bo.html


ユニセフは子どものための機関です。
日本のエロゲ、同人、マンガ、ゲームなどの表現規制を懸念する声もあります。
それを心配する人はこちらの方がいいかもしれません。

日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|2013年フィリピン台風救援金
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html


確定申告も近づいてますね。

【e‐Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
http://www.e-tax.nta.go.jp/