Nintend switch プレゼンテーション雑感

先程 Nintendo Switch の価格や発売日、タイトルなどが発表されましたね。

Nintendo Switch|Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/index.html


発表会でざっと気になった所をいろいろ。

・「Wii U」発売のときよりサードパーティタイトルが充実している。が、移植物が多く現段階の発表タイトルではゼルダ、スプラ頼み。マリカ8DXや、マリオオデッセイはさすがにお腹いっぱいでちょっと弱そう。

・GearVRみたいにできそうな構成かつ特許関連も出してるのにVR仕様は特になかった。標準でVR対応というのを期待してたのだけどやはりあのスタイルは否定的なのかな。VRを90fps,120fpsでやるにはパワーが足りないのかもしれないし、子供に6.2インチの重いVR付けるわけにもいかないのだろうけど。

・iPadみたいな静電容量タッチパネルということで、お絵かき系のソフトは精度確保するの難しそう。(特殊なペンで解決できなくもないが)

・8台持ち合わせる対戦はさすがにすぐどれかが電源切れ起こしそうで心もとない。もしUSB充電しながらプレイできるならOK。

・外に持ち歩く人は最初の物珍しさ以外そんなにいない気もする。家の中でモバイルできる程度に電源がもつのはいい。

・HD振動、、タイトルによって電池食うというのは多分これのせいもあるな。

・Joyconストラップで少しコントローラーを大きく持てるのは良かった。

・3Dスティックを押し込み対応にしたのは任天堂ハードで初めてじゃないだろうか。(コメントより、WiiUからできたそうです。)

・大人が肩をくっつけて6.2インチ画面を2人で覗き込みながらプレイするのはちょっと無理があると思った。子供ならゲームボーイでも覗き込みながらやるのでいいけど。

・オンラインが秋から有料化。値段によるけど子供が定額払っていくの厳しそうだな。親が許すかどうか。あとすでにPS4のオンライン払ってる人は2重に課金するというのもネック。

・モーションIRカメラというのが面白そう。キネクトみたいに全身を感知するのではなく手の大きさぐらいをみる Leapmotion に近いもの? とはいえこれをどうゲームに活かすのかはピンとこなかった。ロンチの「1.2.Switch」あたりで使うのかな?

・最新のTegraカスタムチップにドッグやJoyconなどの付属品含めて29980円は市販のタブレット製品と比べても相当頑張ってる感はある。

・Proコン6980円、追加のJoyCon7480円。マジか、、、。デュアルショック4も5980円で追加で買うのためらうのにどんどんコントローラーの値段上がるな。究極はXBOX-ONEエリートコントローラーとかもあったが。joyconはまだコントローラー2つ手に入ると思えばマシなのか?

・去年10月のコンセプト映像からスプラ2で e-sports 押しするかなと思ったけど、ドッグ裏にLANケーブルコネクタは付いてなかった。1フレームを争う e-sports は有線LAN必須に思うが。WiiみたいにUSB後付キットが出てくるだろうか。

・スプラトゥーンからステップアップによさげなタイトル「OverWatch」の移植はなかった。

・ウルトラスト2、ぷよテト、ブレイズブルーあたりは e-sports 意識してるだろうか?

・ウルトラスト2のHD化は必要ないかなあ。ドット絵より画面がスカスカして魅力的な絵に見えないので、トップアニメーター使ってギルティギアレベルのHD化するわけじゃないのなら HD化省いて2980円あたりで売って欲しかった。(4980円予定)

・「ARMS」というタイトルの動きが面白かったけど、キャラのバタ臭さが気になる。無理矢理にでもイカちゃん使えばいいのに。面白くても売れないとなったら残念。

・マリオおまえニューヨークデビューか? ドリキャスのソニックアドベンチャーでソニックが普通の街走ってたのも最初違和感あったが、ソニックは人間じゃないのでまあ納得した。マリオが同じように普通の等身の人間と並んでるとマリオはたぶん人間でないことを確認。まあ面白いからよし。

・ブレイブリーデフォルトのチームが新作RPGを作るということで、3DS開発会社もSwitchに乗る流れはありそう。普及台数で言えば3DSが圧倒的なのでHD素材で作って両方に出すのもありか?

・ゼノブレイド2が子供向けのキャラデザになってるのは個人的に残念。ペルソナ4と並んでJRPG最高評価のゼノブレイドを日本の子供向けに作るのではなく欧米狙いのフォトリアル路線いってほしかった。あれ? 2ってことはゼノクロスはなかったことに?

・「Skyrim」があるということは6GB以上のROMカードありなのか。

・しかしこれからのHDタイトルRPGダウンロード販売にむけて microSDカードだけではタイトル管理が心もとない。USBにHDD接続できるようになるといいなあ。

・セガのヤクザな人が出るもタイトルの約束はない。まさか龍が如くはないだろうし、名越が過去作ったモンキーボールか? できればF-ZERO新作(前作GXもSEGA名越チーム制作)がほしい。スピンアタックや立体コース過ぎて先のカーブが見えないGXではなく、64ベースの素直な作りがいい。

・ゼルダのヒロイン眉毛太い。

・総じて「Wii U」 のときのコンセプトがここにきてちゃんとまとまったかなという印象。

・ゼルダやスプラを待ち望んでたファンには嬉しい発表だったけど、ゼルダはWiiUでもでるので、スプラ2もWiiUで出してくれるとファンはわざわざ買い換えなくていいのにとか思ってる人もいそう。

・実際スプラ2とナンバリングついてるのはSwitchのビジネスモデル(オンライン有料化含む)へユーザーを移行するための区切りかな。多数の新武器、新ギミック、新髪型というのはWiiUが生き残っていれば順当なアップデート計画の内ですませていただろう。

・「脳トレ」や「Wii Fit」のときのようなゲームをしない人たちを引き込むタイトルはさすがにまだ見当たらない。別にSwitchならではじゃなくてもいいのでスプラ2以外にもライトユーザーがワクワクできる新規タイトルを期待したいですね。予約は21日からだそうです。