読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


コミュニケーション問題をMMORPGで考えてみた

前回の記事で「会話でスマッシュを打つな!」と言っておきながら、
記事そのものが増田へのパワースマッシュでした。


考えすぎてコミュニケーション能力が低い人へ - teruyastarはかく語りき
http://d.hatena.ne.jp/teruyastar/20140808/1407429522

(はてなブロガーは例え気軽な質問だろうが釣りだろうが全力でぶっ倒すの図)

テニスの王子様 (c)許斐剛/集英社


反射神経の人だったら2択、3行で済むことを、
考え過ぎな論理バカは1を聞いて10どころか、
これだけめんどくさいこと考えてるんだよという良い例かも。


ということで、もっと簡潔に、短くにチャレンジ↓

反射神経の人達をアサシン。論理系の人をウィザードと考える。

ゴブリンを倒すにも、個別にガンガン倒していくアサシンと、
全部をトレインして一気に引きつけて焼き払い、
勝手にヘイトを高めるウィザードでパーティ組むのは相性が悪い。
(もちろん、お互いを理解してたらこの組み合わせでもうまく連携できる。)


アサシン的には、「効率よくいこう!」と言っても
やることは2パターンぐらいに限られるわけです。

アサシンがウィザードに「効率よくいこう!」と命令したところで、
ウィザードが扱う単体魔法、範囲魔法、その属性、
残りMP、敵の耐性、仲間のスキルなどを
全部かけ合わせると数十パターンでは
収まりきらないぐらいの選択肢が出てきます。

こう会話(戦闘)してくれと、
「俺と同じように、
背後から敵の弱点をダガーで刺すんだよ!!
それを単体魔法でやれ!!
ヘイトあげないように(恨まれないように)やれ!!
敵の攻撃(荒っぽい発言、その場で思いついた適当な発言など)は
回避(虚、ウソ)でかわせ!!

なんて、反射神経の人に言われても
ウィザードの足の遅さで後ろには回れず、
魔法使えばヘイトも上がるし、回避力(虚)はないに等しい。
5元素のロジック、論理力を力の源とするウィザードはウソがつけないので
矛盾だらけの攻撃(命令)を馬鹿正直にまともに喰らってしまうのが
論理に支配されたウィザードたる宿命。


まず、アサシンと同じ会話(戦闘)はできないと諦めましょう。

※ヘイト:

憎しみ、恨み、ストレスなど、MMORPGでは
先行攻撃するプレイヤーや、攻撃力の高いプレイヤー、
魔法を使うもの、一番防御力の弱い者に向けられる
敵コンピュータ側の見えない攻撃対象ステータス。
有名なMMORPGTwitter」などでよく見られる。

周りがフォローしない場合
たいてい、意味の分からない魔法を使い、
攻撃力が高く、防御力が紙のバカッターウィザードに向けられる。

※トレイン:

MMOで敵が列車のごとくつらなって追っかけてくるよう、
走り回ってひきつけること。
狩場の敵が全部もっていかれるので
ここでもウィザードは他のプレイヤーに恨まれる。

ウィザードの視点と、アサシンの視点

はてなブックマーク - 考えすぎてコミュニケーション能力が低い人へ - teruyastarはかく語りき
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/teruyastar/20140808/1407429522

ブックマークの反応を見ると
記事に上げた10以上のパターンのどこにひっかかるか、
そのパターンすら求めてるものではないとか
さまざまな意見があります。

これぐらい決まった意見、常識などないという世界をベースとして、
全体を俯瞰して、そのカオスから
なんらかの法則性を探るのがウィザードが森を見る視点。

そんなところまでいちいち考えて気にするのは全く無駄で、
森の中に入ってみなきゃその先は分からない
のだから
自分の経験と信念でさっさと行動して
間違ってたらそこで修正した方が
ずっと早いと考えるのがアサシンの視点。

どっちが正しいというわけでもないのですが、
レッドオーシャンに飛び込んですばやく成果出せるのは
アサシンの方でしょう。
ウィザードがスキルやデッキの構築で時間かけてる間に、
アサシンはもうレベルアップしています。

アサシンは最速で攻撃するが、ウィザード達は「詠唱」から始める。

アサシンには、ウィザードの「詠唱」がわかりません。
若いアサシンにはウィザードの
複雑なスキル(思考パターン)も知り得ません。
だからなんで返事にそんな時間がかかるのか、
なんで「物理」じゃなく、「魔法」が返ってくるのかとイライラする。

会話の中で、ウィザードが「詠唱」を始めたと思ったら、
突然知らない魔法をぶっ放しますが、

それはもう、「あ、今『詠唱』に入ったな」と、
あいつはそういう職業なんだと思って
巻き込まれないよう、回避力で避けてください。


※ただし、スキル熟練度の高いウィザードは
「無詠唱」で魔法を唱えます。
若いウィザードは、
その言霊が味方をも巻き込む「範囲魔法」なので
ウィザード内でも危険種扱いです。


そこで、他のどの職業が間に入ると助けになるか?
ということなんですが、、

バッファー(エンチャンター、説明、解説、分析)

ここにバッファーがいても、反射神経のアサシンは
10種類のエンチャントをいちいちみんなにかけてる時間が惜しいとか、
リスタートのMP回復を待つのがかったるいとか、エンチャントがなくても
単体攻撃力と回避力を充分にもつアサシンではそう考える人もいます。

どちらかというといた方が良いのですが、
火に油か、焼け石に水になる可能性もあるので
ウィザードの助けとしては弱い。

ヒーラー(会話のなだめ役、通訳、フォロー)

この相容れない人達を橋渡しする会話内での大事な役職です。
全員の性格を理解して、席順を気にしたり、あいづち、聞き上手で
会話の進行についてとてもいい潤滑油となります。

ただし、あちこちのパーティーに引く手あまたなので
常に不足気味です。

バッファーがサブクラスとしてスキル取得してる場合も多い。

タンカー(盾、会話のヘイトをあえて自分に集める人)

ガッハッハッで陽気な度量の大きい人。

その明るさと、豪胆さで、ある程度の責任を引き受け、
淀んだ会話も豪快に引っ張っていける人です。

こちらもパーティーに必須。
いると、会話が楽になります。
会話をぶったぎり過ぎて、
ワナビーからヘイト集めすぎるきらいはありますが、、
どうせ、アサシンとウィザードの会話は
成り立たないのでそれでOKです。

胆力がモノを言うので、ホワイトカラーでは不足気味。

アーチャー(どのMMORPGでもウザい)

遠くから文句ばかり言います。
たまに的を得た発言もします。
責任から逃げまわって、前線に立とうとはしません。
あまりパーティーの必要性がなく戦闘スタイルが自己完結しています。

ウィザードと仲は悪くなく、ダメージディーラーとしては優秀ですが、
いざというときは足の遅いウィザードを犠牲にして
1人で逃げるので、助けになりません。

ドワーフ(生産者、クリエーター、ロリっ娘)

黙って、矢と魔法石作ってればいいんだよ。


ごめんウソ。
黙々と同じ作業を文句言わず出来る人達。無害。
生産者なのに人がよくて交渉が苦手。商人にはむかない。
サブクラスで無理やりドワーフやらされる人もいる。
ウィザードの助けにはならない。

ただ中には「豪商」になったり、ギルド長勤めたり、
ドワーフ連合を組織したり、という傑物が出てくるのもここ。

ドワーフ専用パーティのドーピング祭り(キメバトル)で
ラリってる連中には近づくな。

これらのパーティーをどう組むか?

記事の趣旨として、アサシンの反射神経と、
ウィザード「詠唱」の組み合わせが一番の問題で、
彼らを直接会話させず、
いかにヒーラーと、タンカーを間に配置するかが
チーム作りの肝になります。

で、ホントはそういうバランスの良いチームを作れたらいいのだけど、
実際はヒーラーやタンカーが常に不足してたりするので、
それならアサシンチームと、ウィザードチームに分けてしまったほうが
それぞれのチーム内で言葉が通じやすくなるので
効率のよいチーム分けになるでしょう。

まとめ: アサシン→ウィザードの関係が無駄な軋轢を生むことをみんなが知っておこう

あいつがアサシンで、あいつはウィザードという職業を
「みんなが知っておけば」
組織内で一番最悪な組み合わせが自然と減ります。


はてなブックマーク - 考えすぎてコミュニケーション能力が低い人へ - teruyastarはかく語りき
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/teruyastar/20140808/1407429522


とても分かりやすいのが、前の記事を
「長い」「無駄」「3行で」と言ってるのはアサシンよりの人達。
「わりと共感できる」のがウィザードよりの人達です。

彼らを、タンカー、ヒーラー無しで混ぜると、
アサシンが短剣セイロン(正論)に毒を塗って、
ウィザードを背後から刺します。
(PlayerKill)
元々耐久力の弱いウィザードは毒と、出血の追加効果で
遠くないうちに異界送りです。


アサシンが一番わかり易いダメージディーラーで、
勇敢にも最前線を勤め、
かつウィザードより思考もスキルもシンプルだから
評価も分かりやすく、昇進もしやすいのですが、
そのため現実ではアサシン→ウィザードという上下関係が多く発生します。
ウィザードは周りの理解がないと、力が発揮できないうえ
アサシンとの相性が悪く、
かつみんなのヘイトを集めやすい難儀な職業ですw


その辺を周りが理解した上で
よちよち歩きのLEVELの低いウィザードへ、ヘイトを向けないでくれると、
あまりアサシンと一緒にさせないでくれると、
(他の職業との組み合わせは、そこまで問題にならない)
しっかり育ったウィザードは、アサシンの集団ではこじあけられない扉も
戦術レベルでぶちかましてくれるので、よいパーティーが作れると思います。


なんであの上司に、あの部下を当ててるの?
というまずい組み合わせは、たいていアサシンとウィザードです。


テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)
許斐 剛

集英社 2002-03-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MMORPGの群像劇を舞台にしたこのアニメ(小説)は
「人付き合いの苦手な腹黒メガネ(バッファー)」が主人公で
戦略レベルの森の視点で、世界の常識や法則をどう覆すか?
をも描いてるので、今回の話のイメージを構築するのにも
単純に物語としても面白くてオススメです。



ログ・ホライズン1 異世界のはじまりログ・ホライズン1 異世界のはじまり
橙乃 ままれ ハラ カズヒロ

エンターブレイン 2011-03-31
売り上げランキング : 2662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2014-01-29
売り上げランキング : 8290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools