なんでダメなデザインが売れるんだ????

売れないオンラインショップの条件
http://japan.internet.com/busnews/20080303/6.html



(売れるオンラインショップのポイント)
・商品写真やキャッチコピーは巨大化してアピールする。
・文字を多くして商品特長を極限までアプローチする。
・購入者の体験談をこれでもかと掲載する。
・スクロールは限りなく長くする。
・メルマガは“迷惑メール”フォルダ行きを恐れず毎日配信する。
・メルマガの文字量も気にせず、書きたいことはすべて書きまくる。



(売れないオンラインショップ)
・クオリティの高い洗練されたデザインを採用する。
・メインイメージは、FLASH で目を引くトップイメージにする。
・書きたいことは簡潔にし、スクロールを避ける。
・文字サイズはバランスよく配置する。
・段組みを行い簡潔な表現で情報を無駄なく配置する。
・メルマガは週1回もしくは隔週で配信する。
・メルマガのスクロールを避けるためキャッチコピー程度の紹介にとどめる。

はてぶで話題のこれ。
いったいぜんたいどういうこと???


洗練されたものが売れるんじゃないの?
これもしかして、ブログにも当てはまるでしょ!!



しかし、意味がわからん、、、、
売れないオンラインショップは、デザインの教科書や先生が教えてくれそうなことなのに。
というか、俺Webデザインの授業受けて、まさにそう教えられてきたのに><!!!


先生のガチホモ!!!!


書いてるこの時点でほんとに意味が分からん。
「高級車レクサスと、雑貨のドンキホーテじゃ売り方が違って当然」
っていうコメントも多く見たけど、その説明は全然しっくりこない。



誰か教えて!
エロいひと><!!!



、、、、解読してみよう。。。
『感情』をキーワードにかけてみる。



(売れるオンラインショップのポイント)

商品写真やキャッチコピーは巨大化してアピールする。


うっとうしいぐらい、みせる。
うっとうしくても記憶に残れば勝ち。
記憶に残らないいい人は負ける。
そんな奴がモテる。


大きいものはそれだけで人を圧倒する。
映画のスクリーンとかもそれ狙い。
巨大なものが出てるだけで映画は成り立ったりする。
ID4とかね。


文字を多くして商品特長を極限までアプローチする。


うっとうしいぐらいみせる。
「読み切れないぐらい、いいところがある!」と思わせたら勝ち。
つまり100人サクラが並んだとして、
その先に何もなくても、たぶん1000人よってくる。


つまり、ニコニコで動画アップして
ひたすら自分で動画廻して、コメント莫大に放り込んだら
たぶんその10倍ぐらいは人呼べる。
そして人が人を呼ぶ!!
2次関数での拡大エネルギーと、収束エネルギーのせめぎあい。
ゆえに限界はあるものの、これを常に上回る人、もしくはサクラがあるかどうかが重要。


この点で、しょっぱなの莫大な量がレバレッジをきかせてる。



購入者の体験談をこれでもかと掲載する。


同上。


量が大事。
こうなってくると信頼性とかもはや関係ない。
2chだってそうだ。


数は力
量はエネルギー
最後は剛よく柔を制す


スクロールは限りなく長くする。


同上。


もちろん途中で飽きられる可能性はある。
条項にはないが、たぶんここに「感情」を付け加えるといいんだろう。


それこそ「大きさ!!」であったり、
無駄に!マークが多かったり!!!!!!!!!
無駄に草はやしたりwwwwwwwwwww


AAでも図でもいっぱい使ったもの勝ち(~d=(`ヘ・)=b~)


勢いさえあればずっと読んでくれるというのは、
ジャンプ黄金期の多数の漫画がそうだった。
中身なんていらない!!!


メルマガは“迷惑メール”フォルダ行きを恐れず毎日配信する。


同上。


これも「量戦略」
今だと、各メールサービスの迷惑フィルターにいろんなひとから評価されがちで
「現在でも大丈夫なの?」とか疑いたい!!
小一時間疑いたい!!!



まあ、たぶん大丈夫なんだろう。
だって買ってる人多いと言うんだもの!!!!



ここまで書いてて思う。
量が大事!


じゃあその量を生産するには?


『シンプルな出力であること』


反語で


『デザインに時間を取るぐらいだったら、もっと量を出した方が効果的なこと!!!』


メルマガの文字量も気にせず、書きたいことはすべて書きまくる。

同上。
量戦略。



ほんとにそんなんでいいのか!
って疑いたくなるが、、、、、、


ここでわかってきたことは、
『量が、情報入力をマヒさせる!!』


それだけたくさんの情報だと、見てる方も処理できない。
だいたい書いてあることは似てるのだし?w


そのとき家政婦はどうするか?


そう!!
ビデオを早送りするのだ!!!
結末までいっきに!!!


結末!
それは、商品購入のボタンなんだよあにきーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
(ほんとにうざいw)





(売れないオンラインショップ)

クオリティの高い洗練されたデザインを採用する。


比例して量が減るからダメ。


クール=感情がない=盛り上がらない


学校でクールな奴がいた。
クールな奴がクールしてると、冷める。


熱い奴がバカ騒ぎしてる方が面白い。
売れる。


クールで売れるのは、
いざというときにバシっとかっこよく決まったときだけだ!!!
それは盛り上がるからOK!


でも、「選ばれた人に高く売る」のはこの戦略なんだろうと思う。
ザッツ、レクサス戦略。
これをやれるのは、限られたトップブランドのみか。
むしろレアケースなんじゃないかと思う。


メインイメージは、FLASH で目を引くトップイメージにする。


同上。
しかし、量戦略でいうと賑やかなのはOKなんじゃないかな?
今時回線が重いとか、Flash動かすCPUパワー足りないとかないだろうし。


Flashを作る時間があったら、それよりも大量のJPEG貼れ!!!!
でも、賑やかなFlashは量戦略に位置づけられる!!!


書きたいことは簡潔にし、スクロールを避ける。


これも量戦略の反対なのでダメ。


「長いの嫌い」
「情報の質を高めてくれ」
「読む側の事考えろ!!!」


とは良く聞く声だが、実はコレを言えるのは相当なヘビーユーザー!!!



ヘビーユーザーとは何か??



ヘビーユーザーとは、RSSを7万購読しても平気で読む奴らのことだ!!!!!!
それだけの能力を持ってる奴に、長いとか気にすんんんなw

文字サイズはバランスよく配置する。


しらん!!


でっかい文字はいいらしい。



とってもアピール度が高いらしい


段組みを行い簡潔な表現で情報を無駄なく配置する。


同上。

無駄無駄無駄無駄が、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYになる!!


メルマガは週1回もしくは隔週で配信する。


量減らすなw



ちょっと疲れてきた





メルマガのスクロールを避けるためキャッチコピー程度の紹介にとどめる。


もういいかw


解析終わり/(.^.)\