読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


マニャーナの法則

5分で読むビジネス書:『マニャーナの法則』──今日ではなく「明日やる」ことにする - ITmedia Biz.ID


これはちょっと目から鱗の法則でした。


「今日ではなく明日やることにする」


これで仕事がきちんと終わるかもしれません。
概要は、その日発生するであろう割り込み仕事をすべて明日にまわし
今日は今日やる予定だった仕事を全部終わらすことです。


割り込みが発生しなければ予定を守れる。
日常的に発生する割り込み仕事は、
本当に大事な割り込みかどうかよく考えて欲しい。
とあります。


遅れる仕事というのは、たいてい割り込みの仕事が入って
優先順位がごちゃごちゃになってきます。


しかし、そのどれもが大事でおろそかにするわけにはいかなく
カンタンに終わりそうなのがどんどん割り込んではつもってきておかしくなってきます。


ですが、本来仕事というものには終わりがなく、
何かを片付けると、それに関する新たな仕事が発生して
やるべきことは無限に増えます。
やらなければいけないからといって、カンタンに終わりそうだからといって
全部に手を出してると優先順位がぐちゃぐちゃになって
最重要であるはずの物がおざなりで利益が出ないことも多々あります。


利益を取るために最重要項目をするのに、重要なことを諦めないといけない。
「やるべきことを決めるより、やらないことを決めることが大事」
というのは、いろんな偉人達が言ってますね。


しかしこれは400m走のランナーが途中目の前に落ちてる1万円札を拾わないで、
走りきって1位を狙うことに似てます。
1位の賞金は100万円。2位が30万。3位が10万としても
走ってる途中にちょっとかがむだけで拾いたくなるのが人間の悲しい性です^^;
(101万円がほしいんですかね?w)


で、「明日やる」というのは
今日発生した仕事は全部優先順位を冷静につけて、
「明日に優先順位の高い物だけをやる」とも読めます。


今日やることは当然、昨日決めた優先順位の高い物だけをやるわけです。


すると、割り込みは発生せず、何をやらないかが冷静に判断できて
毎日最重要なことだけに取り組めるはずなんですね。


落ちてる1万円札には目もくれず、毎日全力疾走で走り抜けるわけですね。
そうすれば週に1度ぐらい1位になれたり、
いつの日か常勝するようにもなるでしょう。
毎日1万円を拾う人と、週に1度勝つ人の差は歴然。


これは僕も意識していきたいと思います/(.^.)\



、、、、しかし、走ってる最中でもやっぱり落ちてたら拾いそうな気がwww
これ、どうしたらいいんだ??w
本読んでみるかな。


マニャーナの法則 明日できることを今日やるな
マニャーナの法則 明日できることを今日やるなマーク・フォースター 青木 高夫

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-04-05
売り上げランキング : 24343

おすすめ平均 star
starタイトルが分かりにくいのが難点。
starまったく新しい時間管理術
star期待通りでした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools