読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


全てのコメントにRSSを!

(このエントリーはとあるグループトークの一部です)


1,どこにでも現れたい私


Googleグループが優れてて、
ブログや、はてなグループがだめなところは
「コメントに関して返事があったかどうかわからない」こと。


Googleグループのスレッドはメール一元化ですぐわかるけど
自分のブログにコメントがあってもメール通知はあるけど、
人のブログにコメントしたときに、会話が続いてるのかどうか
いちいち確認しにいかねばならない。



これは、はてぶコメントも似たところがある。
今どきかなりめんどくさいし情報ロスだ。



すぐに反応すれば盛り上がって火がつくかもしれないのに、
1日置いたら冷めてしまうこともある。
情報が育つらせん反射が1日単位というのはきつい。


逆に、だから、2ch住人は案外楽しかったりするのかもしれない。
反応は速いから。


そしてこれは2年前からFC2ブログで解決されてたりする。
コメントのRSSが取れるのだ。(コメントRSSリンクを表示してたら)


そしてはてぶ2でも解決された。
個別はてぶページのRSSが取れるようになった。


こういうのは、どこにでも現れやすく反応しやすくなったといえないかな?
よい流れだし、この傾向はどんどん進むんじゃないだろうか?
こと大量のRSS処理を前提としたLivedoorリーダーなんか
これからが活躍時かもしれない。


さらにいうと、FC2のコメントRSSはそのブログ全体のコメントRSSだ。
それよりははてぶ2のように、(いや、はてぶ2がそうかどうかしらんけど、単体ページにRSSついてたからそうだろう)
単体ページごとのRSSが欲しい。
基本的にその単体ページに興味があるからだ。
他の興味ないページのコメントはノイズでしかない。


しかしそのページのコメントは欲しい、
1年後のコメントでも欲しいかもしれない。
するとたぶん、その記事は死なずに育つ。


どんなにはてぶされた記事も、のど元過ぎれば忘れ去られてしまう。
中には、発展させて進化したほうがいい記事もたくさんある。
いったん寝かすのもいいだろう。
しかし息の根をとめないよう、みんなのRSSに寝かせて置くべきだ。



はてぶ2は近いところにいるけど、100文字限定だし
コメントを追加できないし、代わりにはなりえない。



Web3.0というものがあるとして、その第一歩は
「全てのコメントにRSSを!!」だ。