ヒートアイランドやフェーン現象にしても、日本都市部、内陸部だけ暑すぎないか?

headlines.yahoo.co.jp

 
www.youtube.com
東京都内で観測史上最高40度を記録。
埼玉県熊谷市は、国内最高記録の41.1度。

猛暑でこれだけ熱中症をニュースで呼びかけてるのだから、みんな遠慮なくエアコンを使うようになった。それ自体はいいことなんだが、エアコンを使うことでヒートアイランド現象そのものが加速して悩ましいところだ。

エアコンは室内機から冷風、室外機から温風がでることでプラスマイナスゼロ、、ではない。電力を使う分、室外機の排熱量の方が多く熱量はプラスになる。エアコンを使わない方が問題になるので、エアコンを使うなとは言えず難しい問題。

最初のYahooニュースで気象庁は地球温暖化のことも言ってるが、日本は100年で1.19度上昇してるので。それ以上の急激な上昇はヒートアイランドの効果が高いと考えてる。

weather.yahoo.co.jp
ちなみにこの日の沖縄那覇の最高気温は31.8度。

www.tenki.jp

f:id:teruyastar:20180724012824j:plain
日付変更線は日本が極東で早いので1日ずれるが、世界の気温はこんな感じ。
ニューヨーク、ロンドンが26度。
ロサンゼルス24度。
北京31度。
南半球はいま冬。

40度の東京や41度の埼玉が砂漠地帯のカイロにほぼ近く、乾燥したカイロより、湿度の高い日本の方が体感温度やばい感じもある。日本の密集した都市部や内陸部のヒートアイランドは、世界有数で熱中症危険度高いかもしれない。

岐阜、名古屋あたりはフェーン現象(手前の山で湿度と温度が奪われ、熱い空気だけ流れ込む山脈の天然暖房)も強いらしく、山脈と都市部多い日本は、フェーン現象と、ヒートアイランド現象のダブルパンチを受けてる、、という理解でいいのだろうか?

フェーン現象 - Wikipedia