人生で勝ったことがない人は、自分が負けてることに気づかない

と、昔言われたことをふと思い出す事があった。

「勝ってないけど、別に負けてるわけでもない。」
「才能とか環境とかいろいろあるから、俺のやり方が間違ってるわけではない。」

というのはありえなくて、勝ってないならそれは負けてるのだと。
才能や環境を超える発想がでてこないのは、間違っているのだと。
それが日本人で一番多い「負けグセ」のパターンだと。

もちろん本人は負けてないし、努力でなんとかしようと思うから
正しいはずのそのままのやり方や発想で、
自縄自縛になってることに気づかない。

細かい目の付け所をいろいろ変えていくには、
2番手以下が新しいアイディアや発想を考えて、
それを受け入れるために
「あ、俺間違ってたのか」
という事実を受け入れる素直さが必要。

これを言ったのが負けてない1番の人。

1番が常に負けて、自分が間違ってる意識をもち、
2番手以降が負けてない、自分は間違ってない意識を持つところに
勝利の必然性を感じた。